« 『明治維新という幻想』 | トップページ | 『「日本の神々」の正体』 »

2016年12月28日 (水)

『高い窓』

★★★

村上春樹訳のレイモンド・チャンドラーの私立探偵フィリップ・マーロウシリーズ第5弾です。

今回はマーロウの立ち回りはありませんが、推理がさえます。

このシリーズを読むたびマーロウのようなタフガイに憧れますね。

|

« 『明治維新という幻想』 | トップページ | 『「日本の神々」の正体』 »

「読書ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/64687620

この記事へのトラックバック一覧です: 『高い窓』:

« 『明治維新という幻想』 | トップページ | 『「日本の神々」の正体』 »