« 『功利と直観』 | トップページ | 『高い窓』 »

2016年12月28日 (水)

『明治維新という幻想』

★★★

最近、明治維新を見直す本が多く出版されようになってきました。

この本もその中の1冊です。

確かに明治維新をめざした志士たちは生臭いテロリストであったこと間違いありません。

しかし、江戸時代を美化しすぎのもどうかと思います。

今後、研究が進むことが期待されます。

|

« 『功利と直観』 | トップページ | 『高い窓』 »

「読書ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/64687606

この記事へのトラックバック一覧です: 『明治維新という幻想』:

« 『功利と直観』 | トップページ | 『高い窓』 »