« 『下級武士の日記でみる江戸の「性」と「食」』 | トップページ | 『帳簿の世界史』 »

2017年2月 3日 (金)

『家康研究の最前線』

★★★★

これまでの通説と違う研究成果には驚きます。

これまで家康の幼少期の人質について新たな知見がありました。

今川の人質に行く途中、渥美の戸田氏によって尾張の織田氏に売られたことになっていましたが、どうも違うようです。

信長の父である織田信秀により岡崎城を囲まれた家康の父、広忠が降伏の証として家康を人質に出したのが真実のようです。

驚きです。新発見の連続です。歴史好きにお勧めです。

|

« 『下級武士の日記でみる江戸の「性」と「食」』 | トップページ | 『帳簿の世界史』 »

「読書ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/64846692

この記事へのトラックバック一覧です: 『家康研究の最前線』:

« 『下級武士の日記でみる江戸の「性」と「食」』 | トップページ | 『帳簿の世界史』 »