« 『他人を傷つけても平気な人たち』 | トップページ | 『女の機嫌の直し方』 »

2018年1月16日 (火)

『愛と狂瀾のメリークリスマス』

★★★

宗教性が排除された異教の祝祭がどのように日本に定着した読み解いた1冊です。

戦前・戦後の新聞記事からクリスマスの変遷を追っています。

戦前・戦後直後まで大人の男性が騒ぐ祭りから、高度成長期にこどもの祭りになりました。

その後バブル時代にカップルの祭りになりました。

|

« 『他人を傷つけても平気な人たち』 | トップページ | 『女の機嫌の直し方』 »

「読書ログ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/112956/66284827

この記事へのトラックバック一覧です: 『愛と狂瀾のメリークリスマス』:

« 『他人を傷つけても平気な人たち』 | トップページ | 『女の機嫌の直し方』 »