映画ログ

2016年3月22日 (火)

『マネー・ショート』

★★★★★

リーマン・ショックの時に逆張りをして大儲けした男たちがいます。

彼らは、ただただサブプライムローンというインチキ商品に疑問を抱き、己の信じる結果に懸けたのでした。

デリバティブなど金融商品に馴染みがない人に分かりにくいかもしれませんが、背景を理解している人は楽しめたのではないでしょうか?

今年観た映画の中では、今のところ一番良かったですね。

http://www.moneyshort.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月15日 (月)

『オデッセイ』

★★★★

最近見た映画の中では、一番面白かったですね。

原題を直訳すると『火星人』ですが、邦題の意味するところの長い旅路の帰還というのも分かります。

火星に1人取り残され、1人DASH村になってしまった主人公の物語は本当に面白いですね。

最後がハッピー・エンドなのもよかったです。

http://www.foxmovies-jp.com/odyssey/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 2日 (火)

『ブラック・スキャンダル』

★★★★

米国の裏の一面が垣間見える映画です。

ギャングとFBIと政治家が手を組んでそれぞれの利益を追求する。

その背景には、移民国家である米国特有の事情があります。

イタリア・マフィアをつぶそうとするアイリッシュ・ギャングが、この映画では主人公です。

この映画には出ってきませんが、米国にはユダヤ・マフィアもいます。

https://warnerbros.co.jp/c/movies/blackmass/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『スターウォーズ フォースの覚醒』

★★★

新しいサーガが始まったので見に行きました。

フリークではないので、こんなものかという感じでしたでね。

これまでの作品より、こじんまりまとまっている感じで、スケールが小さくなった印象を受けました。

http://starwars.disney.co.jp/home.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『人生の約束』

★★★★

業績に追われていた経営者が、親友の死をきっかけにして人間性を取り戻していくという物語です。

3.11以降の人と人との絆を取り戻そうとする流れに沿った映画ともいえます。

舞台となる富山県の新湊の情景が素晴らしいです。

http://www.jinsei-no-yakusoku.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月26日 (金)

『攻殻機動隊 新劇場版』

★★★

原作は四半世紀前のマンガですが、未だに色褪せていません。

現実のテクノロジーがマンガの世界に近づきつつあります。

次の四半世紀では、原作の世界が実現しているかもしれませんね。

https://youtu.be/uF9DvUcQixM

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月27日 (金)

『アメリカン・スナイパー』

★★★★

惜しくもアカデミー賞作品賞の受賞は逃しましたがいい映画でした。

戦争でいかに人間が壊れていくのか、淡々と描写しています。

戦場にいた人間は、普通の日常生活には戻れません。

それを一人のレジェンドを通して教えてくれる映画です。

http://wwws.warnerbros.co.jp/americansniper/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月25日 (火)

『LIFE!』

★★★

前半は奇想天外な展開が続きますが、最後は逞しくなった主人公が人生の意味を考えさせてくれます。

アメリカらしい映画でした。

http://www.foxmovies.jp/life/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月26日 (水)

『大統領の執事の涙』

★★★

原題は『THE BUTLER』です。

ストーリーは、ある黒人の人生を描いたもので、家族の分裂と再生がメインテーマです。

邦題の『大統領の~』の部分は、背景として描かれるのみです。

むしろ、米国の人種差別と公民権運動の歴史を中心に取り上げています。

http://butler-tears.asmik-ace.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014年2月13日 (木)

『アメリカン・ハッスル』

★★★

FBIが本物の詐欺師を使っておとり捜査をするという実話に基づいた映画です。

おとり捜査のやり方があまりにえげつなく、犯罪者を作っているのではないかと思いました。

いくらなんでもやりすぎですね。日本ではありえないでしょうが。

それから主人公の詐欺師の愛人が話していた英国アクセントと米国アクセントの違いが分かりませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧